セミナーSeminar

ホーム > セミナー関連情報 > PBS Webinarー№6『進歩性判断に大きさの違いは有効か?』
セミナー

PBS Webinar ー№6『進歩性判断に大きさの違いは有効か?』

2021年12月15日

 特許実務では、進歩性判断は白黒の見通しがつきにくく、本当に頭を悩ませてくれます。
自社の特許取得の場面でも、他社の特許無効の場面でも、進歩性判断は本当に難しいものであると思います。

 今回は、この進歩性の判断に関して、講師が実際に担当した事件から、「大きさ」に関する争点を取り上げ、
特許実務の進歩性判断に活用できるメソッドを分析・解説します。

 現在、特許実務を担当されている方はもちろんのこと、これから担当される方も是非ご視聴ください。

 

進歩性判断に大きさの違いは有効か?(再生時間:約14分)

【講師】特許業務法人 藤本パートナーズ 特許部 部門長 弁理士 北田明

 

 

■お申し込み後に、動画ページのURLをメールにてご案内します。(申込受付2022128日終了)

 

 

【お問い合わせ先】
  (株)パトラ東京支社 セミナー担当
   E-mail:patra-t@sun-group.co.jp / TEL:03-3237-3998 (藤本パートナーズ共通)